あしたでんきに申し込んだらどれくらいで切り替わるの?

あしたでんき

あしたでんきに申し込もうと思っているんだけど、

  • 今申し込んだらどれくらいで切り替わるの?
  • できるだけ早く電気代を安くしたいんだけど

という疑問を感じていませんでしょうか?

結論として、仮に今日あしたでんきに申し込んだ場合、切り替えタイミング(ご利用開始)は次の検針日となります。

あしたでんきに申し込んだら何日くらいで切り替わるの?

申し込んで、今使っている電力会社からあしたでんきに切り替わるタイミングは、次の検針日となります。

例えば、仮に今が6/1だとして、次回検針日が6/19であったとしたら、19日後に切り替わるといったイメージです。

もし次回検針日が6/25とかの人がいたら25日後に切り替わります。

つまり、切り替わる日数は人によってばらばらです。

ただ、平均1ヶ月以内には切り替わってくれるのです。

1ヶ月以内に切り替えれる!→あしたでんき公式サイトはこちら

検針日ってどこを見ればわかる?

毎月家のポスト、もしくは電力会社のマイページから、1ヶ月分の料金がお知らせで届いていると思います。

その紙、もしくはマイページ上に書かれているので、そちらをチェックしてみてください。

例えば、関西電力であれば以下の画像のところに記載がありました。

この場合ですと仮に10/1に申し込んだら、10/25に切り替わるといった流れになります。

切り替わる日がわかったら早速申し込もう!→あしたでんき公式サイトはこちら

次回検針日が近すぎると、1ヶ月以上かかる場合も

なお、次回検針日が10/25と書かれているのに対し、10/24に申し込んだらどうなるの?という疑問が出てきますよね。

あしたでんきでは、次回検針日から考えて5営業日以内に申し込むと、翌月検針日にもちこされてしまいます。

例えば、10/25が次回検針日であった時、

10/19に申し込み→5営業日外なので10/25に切り替わる
10/20に申し込み→5営業日以内となってしまうので翌月の11/25付近に切り替わる

といった感じになります。(例では土日は一旦無視)

そのため、一刻も早くあしたでんきに切り替えたいなら、1日でも早く申し込みを済ませておく必要があります。

早く切り替えたいなら、今すぐ申し込むことが必須!→あしたでんき公式サイトはこちら

家のメーターがスマートメーターではない場合

ちなみに、家の電力メーターがスマートメーターではない場合、つまりアナログメーターなのであれば、5営業日ではなく12営業日以内となります。

あしたでんきはアナログメーターには対応していないため、設置工事が必要になるからです。

ちなみに、スマートメーターとアナログメーターの違いは、デジタルな表示がされているかそうでないかによって見分けることができます。

上記のように液晶に数字が書かれていたら、スマートメーター。

そうでなければ、アナログメーターとなります。(円盤が回っていて、数字もアナログ)

ほとんどの家がスマートメーター なので、おそらくあなたもそうである確率は非常に高いですけどね!

今すぐ申し込んで切り替えよう!→あしたでんき公式サイトはこちら

1日の遅れが電気代を大きく変えてしまう

この記事では、あしたでんきに申し込んだら次回検針日に切り替わると言うことをお伝えしました。

そして5営業日以内に検針日が迫っている場合は、切り替わるのが1ヶ月後になってしまうこともお伝えしました。

なお、現在新型コロナウイルスの影響により、家で過ごす人が増えたことにより、電気代を見直す人が増えています。

そのため、あしたでんきの対応に遅れが出てしまう可能性は非常に高いです。

つまり、10営業日以内であったとしても、翌月に回されてしまう可能性があるのです。

ですので、あなたが今すぐにでもあしたでんきに切り替えて電気代を安くしたいと考えているなら、1日でも早く申し込むことが電気代を節約する近道となります。

1日の遅れが節約できるかの命取りとなってしまいますので、以下のリンクから今申し込んでしまいましょう。

手続きは10分くらいで終わりますよ!

今すぐ申し込んで1日でも早く電気代を節約しよう!→あしたでんき公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました